WORK PLACE

「みんなの幸せのために」
社員の自主性・自発性を重要視しています。

パルグループの経営理念は、「社員と株主みんなの幸せのための経営」です。
では、パルで、社員が幸せな状態とはどのような状態でしょうか。
それは、社員一人ひとりが「自主性・自発性」を発揮できる状態だと考えます。
「出る杭を叩く」という言葉がありますが、パルはその逆。「出る杭を引き上げる」社風です。自発的に提案し、行動することが歓迎される環境の中で、自主的に、自発的に成果を出した社員がきっちりと評価される。この風土が、社員一人ひとりのパフォーマンスを引き上げ、結果的に好業績につながると考えています。
パルでは、そうした環境をより強化していくために、さまざまな制度や仕組みを整備し、パルグループのパワーの源である「社員の自主性・自発性」を引き出しています。

出る杭を引き上げる社風

出る杭を引き上げる社風

「出る杭をたたく」という言葉がありますが、当社はその逆です。
「出る杭を引き上げる」社風です。
自発性を発揮して成果を出した社員が、きっちりと評価される。
自発性を発揮して提案をすることが歓迎される。
その風土が、自発性を促し、社員一人一人のパフォーマンスが上がる、結果的に売上が上がる、と考えます。
パルグループの評価制度や研修制度も、パルグループのパワーの源である「社員の自主性・自発性」を更に引き出すような制度を運用しています。

権限委譲

日々活発に行われており、参加者は全員、積極的な発言、提案が求められます。
普段の接客を通して現場の社員が感じたことが伝えられ、 トレンドを読みながら、デザイン、素材など細かな商品企画の戦略が練られていきます。
現場の意見をいかに吸い上げられるかがパルの提案力を左右するため、「社員の提案」が会社の中枢に届きやすい仕組みが整っていることも、強さの秘訣です。

現場主義

パルでは、すべてのキャリアの基本は「お店」であり、「販売職」であると考えています。
「お店」はお客様との直接の接点であり、販売職の経験はパルでキャリアを築く上での大切な礎となるからです。
現場のニーズを吸い上げることが何より重要だと考えます。
パルでは全員、「販売職」からキャリアをスタートします。

ENTRY

パルグループへのご応募は下記エントリーボタンよりお願いいたします。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。